×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頭皮がくさいニオイを出す原因とは!

ウーマシャンプー

頭皮のニオイに悩む方がいます。そこで最初に頭皮がくさいニオイを発する原因について調べてみました。

Point1 毛穴の汚れ
Point2 髪を乾かさない
Point3 頭皮の乾燥
Point4 加齢臭

頭皮のニオイの原因を調べてみると、頭皮の乾燥や毛穴の汚れ、さらに雑菌の繁殖などが関係しているようです。さらに女性の頭皮がくさい原因として、特に指摘されているのが加齢臭です。

管理人も経験があるのですが、例えば、お風呂に入って洗髪した後、きちんと乾かさずに寝てしまうと、くさいニオイを出してしまうことが多いようです。これは、髪や頭皮が濡れた状態で寝てしまうと、蒸れてしまい雑菌が繁殖して、それがニオイの元になってしまうそうです。

さらに洗髪方法が悪いために、毛穴に皮脂や汚れが残ってしまい、それがニオイの原因になってしまうようです。そして洗浄力の強いシャンプーで洗髪することにより、皮脂を全て取り除くことで皮脂の過剰分泌を招き、ニオイの元になってしまうこともあります。

本来、頭皮には適度な皮脂が必要になります。毛穴にバイ菌が混入するのを防ぐなどの働きがあるためです。薄毛の原因とされる皮脂ですが、適度に必要になります。その皮脂を全てシャンプーで洗い流してしまうと、頭皮が乾燥します。この乾燥を防ぐために、必要以上に皮脂分泌と促します。これが毛穴に詰まることで、頭皮環境が悪循環に陥ります。

洗浄力の強い安価な市販シャンプーを使っている場合は、ウーマシャンプーなどに変えることは頭皮ケアにもオススメです。あとは、洗髪方法や洗髪後の乾燥などをきちんとするといいです。加齢臭の場合、生活習慣の見直しも必要になるので、注意したいところです。

アミノ酸系シャンプーでも洗髪のしすぎは逆効果!

いくらアミノ酸系シャンプーを使っても、1回の使用量が多かったり、何回も洗ったりすると、逆効果になります。正しい洗髪方法を覚えることは、頭皮ケアや抜け毛予防になるので覚えておきたいところです。

このページの先頭へ